とんとん拍子は、いくつかほしいよね

あなたの知らないとんとん拍子の世界

かなこさんが、
記事で
(リブログしあうワタシタチグラサン
第一印象を書いてくださいました。
わーい🎵盛ってくださってますグラサン
(賄賂は渡していません。。)
よく、もっときつい?強い?
感じかと思ってましたーと、
言われます。
なので、会ってふにゃふにゃ
ニヤニヤしている私に、
引かれないかも心配に(笑)
私はかなこさんは、
全く初対面に感じませんでしたニコニコ
むしろ天使のようにブログで見えていた
かなこさんが、
面白い方だとすぐに気づけたので、
最初から距離なんてなかったです。
たいようさんも、全く一緒ですグラサン
長らくご近所で、
中学からのお友達みたいな気分でしたニコニコ
まだ私たち、1回しか会ってないのかぁ、
なんて今日も思いました。
うまくいく恋愛と一緒で、
とんとん拍子に仲が深まっていますチュー
唯一恋愛と違うのは三角関係で
揉めないこと(笑)
三角で、よりバランス取れていますグラサン
色々な奇跡?偶然?が重なりました。
でも引力が強かったのかなウインク
この出逢いを大切に育てていきたいです照れ照れ

とんとん拍子関連商品がすべて揃う 楽天市場

30歳の時、正社員として勤めていた会社が、給与未払いのまま倒産した。

一都三県に支店が20か所以上あって、それなりに大きい会社であったが、いつの間にか40億円もの負債を抱えていた。売り上げが下がっていたわけではない。むしろ大幅に伸びていた。

しかし、経営者が自分の野望最優先の人で、儲かれば儲かるほど、事業を拡大し、やれ自社ビルだ、システム投資だと、支出(借金)を増やしていった。社員の給料は増えないままだ。

後から聞いた話だが、社長は在日韓国人であった。だからこそ、日本で成功して、日本人を馬車馬のように働かせることが彼の悲願だったのかもしれない。サービス残業や休日出勤が当たり前で、今から考えれば相当なブラックな企業だった。しかし私は8年以上も精神的にも肉体的にも無理を重ねて、それでもこの会社に骨をうずめるつもりで頑張っていたから、給与遅延が始まった時には途方に暮れていた。

あれは、倒産の半年ほど前だろうか、突然の知らせで給与遅延が始まった。

最初は1週間の遅延、翌月は2週間の遅延、その翌月は1か月近い遅延となり、給与の1/4を減額にすると一方的に言われた。そうなると同僚はどんどん辞めていく。

「会社がつぶれることはない」と、経営陣は言い続けていたが、自分も、このまま居続けるべきか、転職するかの決断を迫られていた。

その会社は、資格取得のためのスクールを運営していた。

私は21歳のとき、そのスクールに半年間通って、宅建試験に一発合格した。

スクール主催の合格祝賀会で、部長クラスの人と話すことが出来、私の就職話はとんとん拍子に決まっていった。そのときは、資格試験に合格した喜びと、教育ビジネスの素晴らしさに気分が高揚していたのだと思う。

就職するならこの会社しかないと思っていた。

ビジネススクールでは、たくさんの生徒を合格させることが自社の評価(売上)につながる。

だから、受講しやすいように、複数の校舎で繰り返し受講できるようにしたり、講師も何人もいて、生徒が好きな講師の授業を選んで受けられるようになっていた。また合格保証制度というのがあって、不合格でも、出席率80%以上の場合は年間4万円で再受講できる良心的なシステムも魅力的だった。

講師は、受講人数と合格人数が直接評価(給与)につながる。だから、各講師がそれぞれ工夫して独自でプリントを作ったり、楽しく分かりやすい授業をすべく、競い合って切磋琢磨していた。

私がそれまで見てきた小・中・高の教師は、自分が教えているというのに、できないと恥ずかしげもなく、通知表に悪い評価を付けていた。私から言わせれば、教師の授業がつまらないから、勉強する気が起きないのであり、教師が熱心で教える技量があれば、もっと全体の成績は上がるはずだと考えていた。しかし多くの教師たちは、生徒が出来ようと出来まいと同じ給料で、向上心を失くしてい(るように見え)た。それが私にはひどく不満だった。

それに対して、ビジネススクールの講師陣は、皆親切で、講義が上手で、情熱に溢れていた。

当時、宅建試験の合格率は、全国平均で15%くらいだったが、そのスクールでは、クラスの半数近くが合格していた。資格試験に合格することは、社会人に将来への明るい希望と、大きな自信をもたらしてくれる。私の教育の理想はここにあると思ったし、その職場は輝いて見えた。

しかし、一人だけ、私の就職に反対する人がいた。私の宅建の担当講師だった。その人は、今の私と同じくらいの年齢だったと思うが、相談に行った私に、

「あなたならもっといい会社に入れるのに、こんなところに来てはいけない、僕は絶対に反対です。」

と真剣な表情で言った。その口ぶりは強硬で、ご自分もここで非常勤講師として働いているのに、何故私にそんな意地悪を言うのだろうと怪訝に思った。結局その人の言うことは無視することに決めた。

その後の話で、最初は受付嬢として採用し、研修を終えたら宅建の講師になるということが、私の正社員採用の条件となった。採用してもらえるだけでなく、部長自ら研修をして、講師にまで育ててくださるという。自分はいい会社に入れたと単純に喜んでいた。その後大変な日々が訪れようとはその時はまだ思っていなかった。 (続く)

[広告] 楽天市場
  • とんとん拍子ラッキー豚のブレス<子ぶたのマスコット付き> 【開運グッズ ブレスレット ファッション お守り アクセサリー HR】
  • 【11日~17日まで!クーポンご利用で全品5%OFF♪】ミニブタとんとん拍子ストラップ&グラスマーカー
  • とんとん拍子・幸運豚のブレス<幸せ豚のストラップ付き> 【開運グッズ ファッション お守り アクセサリー ブレスレット】
  • 大開運・梵字ブレス<とんとん拍子カード付き> 【ブレスレット パワーストーン 開運グッズ ファッション お守り アクセサリー HR】
  • とんとん拍子・幸運豚のブレス<幸せ豚のストラップ付き> 【幸運 運気 上昇 豚 縁起 ブレス 邪気】
  • 【受注発注商品】とんとん拍子にいいこといっぱい♪【しあわせふえるブタ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする