結局最後はとんとん拍子に行き着いた

とんとん拍子 こころまち つくろう

本日晴天なり。

お暑ぅ~ございます。

今月7日は立秋。

暑さも今のうちってとこでしょうね。

さて、今日は8月1日。

私の思い出の日でした。

6年前の今日。

お店オープンした日なんです。

2年といでしたけど、

たくさんのご縁があて、

学びの時間でした。

その年の3月初め、

大震災の3日前に退院。

ガン治療を終えて直ぐに、

たくさんの応援を頂いてイベント開催。

「楽しかったです。」

その一言が一番嬉しい言葉でした。

その後、起業しようと物件探しを始めたところで、

友人に相談しましたら、そこで一言。

「チャレンジショップはどう?」

「やる!」

それから、

とんとん拍子にお店をオープンすることになったのです。

ガン治療をした後で、何も無い状態でしたので、

どうやってお店を開こうかと考えました。

考えた結果、イベントに参加して下さった方々にお願いに回ったんです。

思いを話し、「あなたの商品を私のお店で販売させてください。」と。

嬉しいことに、みなさんが協力してくださいました。

そして友人・知人に案内葉書を送り。

いざ!オープン当日!

ガラ―ン・・・

大丈夫!明日があるさ!

と、これを続くこと数日。

集客を考えたところへ朗報が届いたんです。

「マルシェに出店しない?」

「行きます!」

当時、相方がおりまして、

小さなチラシを作ってくれて二人で交互に通る人たちへ渡しました。

少しお金が出来てはまた違う商品を仕入れて。

それがヒットしたらまた次と。

口コミで広がるまで、

頑張ったよね。

・・・なんて、思い出して。

ゼロから右肩を上げるのになんでもやってみた。

そして少しずつ右肩は上がって。

ただ、お

越しいただくお客様が笑顔になってくれたらいいと思って続けた。

泣いたり笑ったり怒ってみたり。

色んな事があったけど、

楽しかったなぁ。

なんて、時間は先へ進むんだから、

それを糧に先へ行こう。

今日は8月1日。

なにがなんでもって頑張ってはじめた。

思い出の日なり。

長年、荒れ肌だった私。

美肌を求めて残念続きだった。

だ・か・ら・

残念な思いをしない美への提案を。

はじめます♪

そして、思い出の1曲

とんとん拍子とか、勇気とか、見えないものも乗せている。

見えない自由が欲しくて

   見えない銃を撃ちまくる

 本当の声を聞かせておくれよ  (TRAIN-TRAIN/ブルーハーツ)

母である私は決して素行のいい子供ではなかった。

彼の父親も屈指の問題児だった。

2人して親を泣かせたし、

大人になっても、結局自分たちの家庭が守れなかった。

ハハコ家族になって以来、私は必死だった。

「ほらみろ、親が親なら子も子だ」

そんな陰口をたたかれないように、

私が間違ったことは、彼に間違わせないように導いた。

 

ひたすら、「よい子」をプロデュース。

 

彼の成功は私の成功。

彼が成功した時は、まるで自分がほめられているかのような気分になった。

彼のミスは私のミス。

彼が失敗した時は、まるで自分がやらかしたかのように苦悩した。

とにかく常に手取り足取りで、

私が理想として果たせなかった事を、

彼を使って叶えようとしていた。

 

国立中学のお受験突破。

報われたと歓喜した。

まさに私の血と涙と努力の集大成と胸を張った。

これで私と彼の将来は安泰。

少なくとも私と同じバカはやらかさない。

よい子を育む最適な環境。そんなことになるわけない。

 

ところが何てこと。

勘違い母にツケが回ってくる日が到来。

入学した中学で、想像以上に彼は浮いていた。

正直、小学校の頃から予兆はあった。

目立ちたがりで喧嘩っ早い。

勉強嫌いで、遊び好き。

「この子はよい子」そう思い込んで見えないふりをしていただけだ。

彼はそんなによい子じゃなかった。

それがここまでとんとん拍子に、たまたま事が上手く進んでいただけ。

粒ぞろいのエリートの中で、

朱に交われば朱になるかと思いきや、

彼の「黒」は際立つばかり。

身なりが著しく乱れているわけではない。

飲酒・喫煙などの不良行為に及んでいるわけでもない。

まじめに1時間の遠距離を遅刻もせず休まず通っている。

授業を抜け出す、教師に暴言をふるうなんてこともない。

ただ、その校風にそぐわない「やんちゃ」がすぎるだけ。

しかし、学年主任からの「次に何かあったら守ってやれない」宣告。

ありえないけどありえる中学退学に怯える日々。

なのに彼は性懲りもなく悪巧みをあくせく練っている。

最近、彼の「ワル」がとりだたされる度に、

私の感覚も麻痺してきはじめた。

それまでは「何てとんでもない事を」と、

事の大小に関わらず、彼のやらかす全てにおいて責めたててきたけれど、

「何で?それくらいで大げさな」

事の大小に関わらず、鼻で笑ってしまっている自分がいる。

彼ももうすぐ14歳。

私の14の頃といえば、とにかく悪いことばかり考えていた。

悪い事にばかり憧れて、良い事は逆に格好悪いと毛嫌って。

そんな私が今じゃ口うるさく「勉強しなさい」「ちゃんとしなさい」なんて、

こっけい極まりなし。

投げたわけじゃない。

理想はあくまで彼をよい高校へ進ませ、よい大学を卒業させること。

そのためには今の学校を辞めさせられるわけにはいかない。

でも、どうにもできない、どうにもならない「10代のこころ」を

あの頃の私と同じように、彼も抱えて大きく膨らましていくのだ。

見えない自由が欲しくて

   見えない銃を撃ちまくる

 本当の声を聞かせておくれよ

親として緩んだら負けか?失格か?

でも、緩ますにはいられない。緩まないとおもしろくなくなるから。

「親も親なら、子も子ですが、何か?」

化けの皮がはがれた今、開き直ってしまうしかない。

けれども、欲深き私たちハハコは、

< font color="#9999ff">これからもやれてるふりで、

脱輪しっぱなで、栄光に向かって走ってゆくつもり。

日々、泣き笑いでね。

[広告] 楽天市場
  • 【秋田県醗酵工業】とんとん拍子 紙パック 1800ml
  • 【受注発注商品】とんとん拍子にいいこといっぱい♪【ちりめん幸福ピンクぶた】
  • 合成清酒 とんとん拍子 1.8L×6本
  • 運! 送料無料 とんとん拍子ラッキー豚のブレスレット<子ぶたのマスコット付き> /おしゃれでかわいい人気の天然石 パワーストーンブレスレット/メンズ レディース/開運グッズ 招福 金運 財運 恋愛運 仕事運アップに占い・風水に、アクセサリーアイテムや海外・外国人・彼
  • とんとん拍子ブレスレット<とんとん拍子カード&ハッピー豚の水晶ストラップ付き> 【開運グッズ ファッション お守り アクセサリー HR】
  • 【中古】 とんとん拍子 /荻野アンナ(著者) 【中古】afb

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする