アラフィフ超好き!

アラフィフの上昇気流

こんにちは!

web専門パーソナルスタイリストの伊藤りこです^^

”何が似合うのか分からなくなったアラフィフの女性へ”

コーディネートのご提案とアドバイスをしています。

最近、

せっかく買ったのに着ていない服、

着てはみたけど、しっくりこなくてタンスの肥やしになった服

増えていませんか?

もしかすると

これが好き!着たいという気持ちがあって

でも、似合うかどうかは自信がない。

つまり、

好みだけで服を選んでいるのかもしれません。

好きな服を着るのは最優先事項です。

でも

好きな服=似合う服 だったのは昔の自分。

私自身もそうなのでよく分かります^^

昔は、好きだから似合うよね。

選びが成功したんですよね。

この年齢になって服選びで苦戦している方は

もしかしたら

今もこの成功の法則を続けているのかもしれません。

アラフィフになってくると

おしゃれは感覚だけではうまく行きません。

その人に合った着丈、シルエット、素材、色使い・・

ちゃんと説明できる理由があるんですよ。

これって言葉を変えると

おしゃれの取り扱い説明書、みたいな感じですね。

これはその方だけのものです。

これを知らずに

昔と同じように好きだけで買うと

しっくりこない!になるんです。

私とお話しして頂くと

どうしてこれが似合うのか、

その理由をお伝えします。

その理由が、あなたのおしゃれの取り扱い説明書ですね。

アラフィフのおしゃれには

好きという感覚、

似合うを選ぶ理論。

両方が必要です。

両方を揃えて

これからのおしゃれを自信を持って楽しみたい方

詳しくアドバイスさせて頂きますよ^^

おなたのおしゃれの取り扱い説明書、お伝えします。
右矢印

右矢印

ブログランキングに参加しています!着こなしの参考に♡
    ▼

■伊藤りこ ご提供中のメニュー■
・どこにお住いの方とでも、画面を見ながらお似合いの服をご提案します!

・今持っている服を素敵に着こなしたい方はこちら♡

お申込み・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

 

アラフィフ ふれあい・ふるさと・フレッシュバンク

おはようございます☀✨
今日からお盆休みの人もたくさんいるかな~?
今日は実写化映画【妖怪人間ベム】行きます!
テレビドラマが好きで好きでDVDBOX買ったくらい❤亀ちゃんも大好きで✨

妖怪人間ベム】は、2011年秋から1クール連ドラとして日本テレビ系列の土曜ドラマ枠で放送されました。どの回も切なくてアニメ実写化としては私は大好きな1つだなぁ。テレビアニメの【妖怪人間ベム】を原作とするが、実写化作品でありオリジナルの要素も含まれているそうです。

今日は2012年にこの実写ドラマの劇場版として12月に公開されたものを紹介したいです(*´ 艸`)
まずは映画の予告編からどうぞ♡

ベム役にはKAT-TUNの亀梨和也くんが、ベラ役には杏ちゃんが、ベロ役には子役の鈴木福くんが起用されたほか、ドラマオリジナルキャラクターとして北村一輝が出演しています。ナレーションはアニメ第1作でベムを演じた小林清志さんが担当していたって聞いて感動しましたおねがい

妖怪人間ベムシリーズ初の完全地上デジタル放送でもある。 実際の俳優が演じているため、ベム・ベラ・ベロの人間態の姿はより人間に近いものとなっている(無論5本指である)。妖怪態の姿はアニメに近いが、ベムの両肩には鋭利な突起があり、体格以外でのベロとの個別化がされている。

オープニングの映像ではアニメ第1作のアバンタイトル表示前に毎回放映されていた映像が実写でほぼ忠実に再現されている(ベムが窓際で咆哮をあげたり、ベロがフラスコを握りつぶすシーンもほぼ同じ)。ただし画面を引き裂くシーンがアニメではベロの役目だったのに対し、本作ではベムの役目となっている。

また、アニメ第1作の実質的な主人公がベロだったのに対し、本作ではベムが名実ともに主人公となっており、アニメでは控えめだったベムの露出が本作では大幅に増やされている。

そのほぼアニメ完コピオープニングです!

テレビドラマのあらすじは、

ある実験により1つの細胞が分裂して生まれた、三人の“妖怪人間”ベム・ベラ・ベロ。彼等は、人間に勝るとも劣らぬ優しい心を持っているにも関わらず、その醜い容姿ゆえに人間から迫害され続け、人間になる方法を探し求め数十年間に渡って街から街へとさすらい続けてきた。

そして、とある街でベムたちは夏目という刑事と出会う。朴訥な優しさを持つ夏目や、彼の家族とのふれあいにより、久しく忘れていた心の温もりを感じるベム達。だがこの街の影では、奇妙な力で人間の悪意を増幅させ、犯罪に走らせる謎の男が暗躍していた。

キャッチコピーはみなさんご存知「はやく人間になりたい」です(*´∀`)♪

映画 妖怪人間ベム】のタイトルで2012年に日本で公開。映画版は完全オリジナルストーリーです。この映画は最終章という位置づけでした。

映画の番宣動画です٩( ╹▿╹ )۶
映画のキャッチコピーは「これで終わる。」、「人間か、妖怪か。決着をつける時がきた。」でした。
映画では鈴木福くん演じるベロの淡い初恋も描かれました。
映画【妖怪人間ベム】のあらすじです!

ドラマ版の最終回でベム、ベラ、ベロは”名前のない男”との最後の戦いで、人間になることよりも“人間を守って生きていく”事を選び、夏目たちの前から姿を消した。あてのない旅を続けていた3人がたどり着いた海沿いの街はかつてベム達が来た街であり、そこでは怪事件が起きていた。被害者は大手製薬会社MPL製薬の社員たちだった。事件の謎を追うベムの前に倒したはずの“名前のない男”が再び姿を現す。ベロは右脚の不自由な少女・みちるに恋をするが、MPL製薬の新薬開発研究者・上野達彦の娘で、母親は自動車事故で行方不明だった。実は新薬の薬害を公表しようとして仕組まれた事故で、みちるの母・小百合に不思議な力をもつ葉を絞ると復活したが、“人間妖怪”とでも呼ぶべき存在になっていた。MPL製薬への復讐を決意するが、力を使えば使うほど、サユリの体を蝕み、コントロール不可能な巨大な植物に増殖し、ベムたちと戦い敗れ、元の姿に戻るが…。

“枯れない葉”、“新薬開発”、“サユリの妖怪化”から、ベムたちは人間になれる唯一の方法を知るが、人間になれば妖怪の力を失ってしまう。「助けを必要とする人間がいる限りは」といって遠くへ去る。「世界に悪はなくならない」という“名前のない男”に対して「この手を止めたりはしない」と誓う。

連ドラの時の名場面動画です!個人的にどれもこれも萌えます♡

映画の登場人物の紹介です

ナゾの人ベム(亀梨和也 KAT-TUN)

人間形態は帽子を被った銀髪の青年。寡黙で無愛想な性格だが、どのような人間にも優しく接し、いつか人間になれる日を夢見て流浪の旅を続ける。助けを必要とする人間を見過ごすことは出来ず、それを忘れてしまうと本当の妖怪になってしまうと語る。人間になった時に困るからと、箸の持ち方など人間の行儀作法をベロに教える。アニメ版のような重厚な人格はなりを潜めているが、自身の存在や他者との関係に思い悩んだり敵対する相手に熱く語りかけたりするなど、常に超然としていたアニメ版とは異なり人間味の強い人物として、演じる亀梨の若さを逆手に取った演出がされている。自分達の正体を知りながらも受け入れてくれた夏目(北村一輝)に強い信頼と友愛を寄せ、東郷(古舘寛治)への復讐を果たそうとする夏目を止めるため、「ただの妖怪になっても構わない」と夏目の代わりに東郷を殺そうとする。名前の無い男=「悪」を受け入れ人間になる事を悩んだ末に拒否する。廃研究所で名前の無い男(柄本明)を倒し、夏目の眼前で燃え盛る炎の中にベラ・ベロと共に消えていく。聴覚に優れ、杖を打ち鳴らし意識を集中させることで遠くの出来事を察知出来る。

ナゾの人ベラ(杏)

人間形態は髪飾りを着け青いドレスを着た女性。左手首に巻いた鞭を自在に操れる。過去に迫害された経験から人間は冷酷で信用ならないと考え、人間と関わることに否定的。何事にも厳しくすぐ激高する面もあるが、仲間を思いやる温かい心を持ち、自分のことも省みず人助けに命を懸けるベムには毎回文句を言いながらも力を貸す。ぶっきらぼうで愛想がない言動が多いが、「いいと思った相手」には一途であり、小春(石橋杏奈)のことは何かと気にかけている様子である。また、人間になった暁には恋をしてみたいとも語っており、ドラマ6話ではひょんなこと
で出会った大久保(田中哲司)に惹かれる描写がある。視覚
に優れ、集中すると遥か彼方で起きた出来事を察知し、視覚に入ったからという理由で人助けすることも多い。ベムの聴覚と同じく数キロ先まで探知出来る。演じた杏はベラに成りきる為に衣装選び、メイクなどに気を使い、アニメ版と一番変更点が少ないキャラである。

ナゾの人ベロ(鈴木福)

人間形態はゴーグルとポーチを着用した6歳の少年。特技は頭突き。早く人間になりたいと強く望んでおり、純粋に人間と交流を持ちたがる。「思い出を作りたい」という意識から、昔から色々なおもちゃを集めている。夏目家の人々を心底から慕い、夏目を「パパさん」と呼ぶ。生まれた時から数十年間ずっと、容姿も心も6歳程度の子供のまま。正体を隠そうという意識も乏しく、今の子供が使わない古臭い表現(「がってんしょうちのすけ」など)を口にしたり、正体をばらしかねない発言をしそうになってはベムとベラを慌てさせる。そのせいで今ひとつベムとベラに信頼されていない点は気にしているようで、単独で事件に首を突っ込んだりする。しかしその無邪気で純粋な言動は、二人の心をしばしば和ませる。劇場版では初恋をし、相手の女の子から「お婆ちゃんになっても友達でいてね」と言われ、自分は歳をとれないコンプレックスが浮き彫りになる。嗅覚に優れ、遠くの匂いを嗅ぎ分ける能力を持つが、ベムやベラの能力のように遠隔地の対象を具体的に検知せず当人にたどり着いて認識することが多い。ベムが対象を絞った後にベロの嗅覚に頼る場面もあり、狭い範囲ではむしろ有効に働くようである。

夏目家(北村一輝、堀ちえみ、杉咲花)は、

ベムたちの数少ない理解者である家族。爆破事件で長男の誠を亡くしている。刑事である章規が怪事件に巻き込まれる度に3人の姿を目撃し、次第に人間の為に戦う妖怪人間の素性を知って行く。家族ぐるみでベムたちに温かく接し、最終回で章規以外も変身態を目撃するが、ベムたちに対する信頼は変わらなかった。数年後に再会したのが劇場版である。

ナゾの人夏目 章規(北村一輝)
浅津署の刑事。職業柄、つい人を疑い詮索してしまう癖があるが本質はお人好しで、自分を犠牲にしてでも困っている人を放っておけない心優しい人物。警察の激務のため泊り込みになる日も多く、家にいる時だけは良き家庭人であろうと努めている。出会った当初はベムたちを「ちょっと変わった若夫婦とその子供」だと思っていたが後に正体を知ることとなり、最初は彼等を恐れ拒絶する。しかし、自分が何度も危機を救われていたことや、3人の妖怪人間たちの人間よりも人間らしい心に触れていたことで考えを改め、彼らの良き理解者となる。物語終盤で、5年前に亡くなった息子の誠の死の真相を知り、誠を死なせた東郷を怒りのままに殺そうとする。ベムの決死の行動によりギリギリの所で復讐を思いとどまったが、己の中の恐ろしい一面を垣間見た事から刑事を続けていくか否かで悩んだ末、もう少し刑事を続けてみようと決心する。この事件を経て本当の意味で誠の死と向き合い立ち直る切っ掛けが出来たようで、すべての元凶である名前の無い男に対しても、怒りに任せて殺そうとはしなかった。ベムたちが姿を消した後、追跡中の犯罪者から襲われるも何者かに救われ、ベムの生存を確信し笑顔を見せる。後に劇場版で偶然ベム達と再会を果たし、以前同様彼らと行動を共にする。

ナゾの人緒方 晋作(柄本明2役)
緒方家の祖先に当たる生物学者。異端の学者で、人間を創り出す研究を行っていた。ベムたちは新聞の切り抜き記事の彼の写真だけを頼りに、人間になる方法を知っているのではないかと彼を何十年も探していた。 子孫の浩靖によりその素性が明らかになり、廃研究所が見つかる。甦ったベムの記憶では優しい人物であったが、心臓が弱く志半ばで絶命し、その肉体は自ら生み出した生命体に乗っ取られ名前の無い男に変貌。後に生命体が死んだことで元の遺体に戻り、最後には崩れ去る廃研究所の中で生命体と運命を共にする。
ナゾの人名前の無い男(柄本明2役)
物語に起こる事件の裏で暗躍する謎の男。赤みがかった肌にベムと同様のステッキ(このステッキの能力はベムにも影響を与えることが出来る)を所持し、原作の人間態のベムに似た風貌・服装をしている。ベム・ベラ以上の感度を持つ感覚神経や、彼らと同じ常人とは思えない治癒能力、盗み聞きしていた夏目刑事の背後に突然現れる瞬間移動能力など不可解な力を持つ。恨みや憎しみなど、心に闇を抱えた人間に接触してはその人間の本心を語り、「目が乾いている」として対象の眼球から奇怪な緑色のスライム状の物体を寄生させる。寄生された人物は心の闇が増幅し、より過剰なレベルの犯罪を引き起こすが、ベムたちに倒された後に人間の心を取り戻すと、流した涙とともに緑の物体も浄化され、寄生されていた間の記憶が欠落してしまう。その正体はベムたちと同時に誕生したもう1体の妖怪人間で、「善の心」を持つ彼らとは対を為す「悪の心」そのもの。自身の本質ゆえに人間の欲望に反応し、上記のように他者の悪事を加速させるのは「心を解放する彼らへの救済」だと主張する。緒方博士に似た姿をしているが、正体は緑色の液体生命体で、活動するために博士本人の亡骸を拠所としていた。作中ではベムたちとのニアミスが多かったが、終盤でついに彼らと接触し、自分が全ての事件の元凶であったことを語る。自身も人間になるために、妖怪人間が人間になる方法として「善・悪両方の心を共有する」、すなわち自分との融合を迫るが、葛藤の末に「人間を守る妖怪人間」として生きていく道を選んだベムたちが決別を選択し、彼の杖で突き刺されたことで絶命。最期には自分に死を与えた感謝と、二度と人間になれなくなったベムたちに哀れみの言葉を吐き捨て、崩れ去る廃研究所の中で博士の遺体と運命を共にする。劇場版では幻影となってベムの前に再び姿を現わす。  
ナゾの人上野 小百合(観月ありさ)
みちる(畠山彩奈)の母。数年前のある事故まではMPL製薬の研究者だった。数年前のある日、会社に仕組まれた事故で命を落とすが、達彦が飲ませた緑色の葉の力で復活するものの、右腕が異形の姿に変貌してしまい、それ以来家族の元を離れて一人暮らしているが、同時に加賀美以外の社員達を次々と襲っている。
ナゾの人上野 達彦(筒井道隆)
みちるの父。MPL製薬の研究者。幼少の頃、名前のない男に操られたある男に誘拐され、殺されかけた所をベム達に助けてもらった過去を持つ。しかしその時駆け付けた警官達はベム達を犯人と誤解、達彦自身もベム達の変身した姿を目撃するが、彼らを偏見することなく命の恩人と慕い、「優しい化け物さん」と呼んでいる。その後、犯人が流した緑色の涙で蘇った緑色の葉をお守りのように持ち歩き、その葉について研究したい強い気持ちから、現在の職に就いた。数年前の会社に仕組まれた事故で、命を落とした小百合を救うために緑色の葉の液体を飲ませるも、彼女を異形の姿に変貌させてしまい、みちるには「母は事故で死んだ」と伝え、小百合には遠くから娘の成長を伝えたり、写真を置いていく等をして彼女に尽くしてきた。
ナゾの人加賀美 正輝(中村橋之助)
MPL製薬の社長であり、上野家の事故を仕組んだ張本人。本作の黒幕的存在。表向きは「多くの人の命を守る」と豪語するが、達彦が見つけた葉を基に作られた薬の副作用を知りながら、その事実を伏せて患者に使おうとするなど、自分の手を汚して
でも目的を達成しようとする男。
みちるを拉致し、助けに来た達彦をも捕縛し始末しようと小百合と対峙する。事件終息後、副作用隠蔽の罪で逮捕された模様。

【妖怪人間ベム】はアニメを放映していた時代を知っているアラフィフなんですが(今さら?)ドラマ化って知った時は全く、いや、全然期待してなかったんよね。

亀梨和也くんは大好きだったので見出したらいやはやこんなハマるとはって出来栄えでした。
映画化になって2回も映画館まで観に行ったぐらい感動しましたラブ
しかもかなり切ないんですよね。
 まさか、こんなにも切ない作品だとは思いませんでした。
ほんとの人間より人間らしい優しさを持ったモンスターと、醜い以外表現のしようのないほんとの人間・・・。
どうしてこんな汚い人がいるんだろうってくらいに怒り心頭でした。
観月ありささんは相変わらずの美しさなのに、何て切ないモンスターなんでしょう。偶然が生み出した死を超越した悲劇と言うか、可哀想すぎたな最期は・・。
ベラってイメージは今までは五輪真弓さんの名前が大昔には上がってましたよね?、まさか美形な杏ちゃんがベラ?ってびっくりでした。
ですが!今回の妖怪人間3人組は最高なキャスティングですよね
ウインク
アニメ世代だとビジュアル的には柄本明さんの方がアニメのベムには近いんだよ~。
亀ちゃんみたいなイケメンじゃないんだよ。
映画は主題歌が無かったのでドラマ版のKAT-TUNが歌う【BIRTH】も入っているKAT-TUNメドレーで今日は締めよかな。

【KAT-TUN ♡ Keep the faith ~LOVE ~ BIRTH ~ WILDS OF MY HEART】

あとはいつ削除されるかわからないけど映画全編も貼り付けておきますね♪
楽しい連休をエンジョイしてね!今日もありがとうございましたブルーハート
[広告] 楽天市場
  • アラフィフ婚活 50歳・あぶれオスの奮闘記 (単行本・ムック) / 石神賢介/著
  • ノンママ白書【フジテレビオンデマンド】 第5話 アラフィフ女達の人生の岐路【動画配信】
  • キャサリンハーネル Catherine Harnel シャツブラウス フロントフリル FA203B【smtb-m】綿 長袖
  • 乳がんになったけど私もおっぱいも元気です 左乳房を全摘出→形成したアラフィフママさんの乳がん [ シェリーカトウ ]
  • ロング トレンチコート フランス製 ブランド LENER レネル レネール|上質でお洒落な大人のスプリングコート 撥水加工で晴雨兼用 レディース コート 春 秋 ベージュ ネイビー 30代 40代 50代 送料無料 インポート Sサイズ Mサイズ
  • The ピーズ / `14晩秋盤「アラフィフ記念」 【CD Maxi】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする